【裏技】パワーポイントで縦と横のスライドを混在させる方法

PowerPoint

パワーポイントで縦と横のスライドを混在できたらいいのに…

私も同じことで悩んだのでわかるよ。縦で見せたい資料もあるもんね。実は縦と横のスライドを混在させる方法ってあるんだ!

とはいえ、もともとパワーポイントには、1つのファイルに縦と横のスライドを混在させる機能は備わっていません

パワーポイントはスライドをパソコンの画面やプロジェクタに映して使うことを想定しているため、横向きで使うことが基本です。縦向きのスライドを作ることもできますが、左右の余白部分が黒く表示されてしまいます。(こんな感じ↓)

縦向きスライドイメージ

ただ、ある方法を使えば縦と横のスライドを一緒に表示することが出来ます。今回はパワーポイントで縦と横のスライドを混在させる方法を画像を用いて解説していきます。

縦のスライドと横のスライドを混在させる方法がわかる

スポンサーリンク

【裏技】パワーポイントで縦と横のスライドを混在させる方法 2選

方法① ハイパーリンクを使う方法

これはMicrosoftのサイトや他の記事でもよく紹介されている王道の方法です。この方法では以下の2つのファイルが必要となります。

  • 横向きのスライド
  • 縦向きスライド
横向きスライド、縦向きスライドサンプル

横向きのスライドをメインに縦向きのスライドを使いたい箇所は、縦スライドのファイルへリンクを飛ばしていきます。そのため、横向きのスライドと縦向きのスライド2つのファイルを管理しなければなりません。

横向きのスライドを準備する

まずはメインとなる横向きのスライドを準備しておきましょう。

縦向きスライドを準備する

次に縦向きのスライドの準備に入ります。
「デザイン」タブから「スライドのサイズ」→「ページ設定」から画面の「スライド」を「縦」に変更するだけです。準備ができたら名前をつけて保存しておきましょう。

スライドの向き変更

縦横のスライドをハイパーリンクでつなぐ

横向きのスライドと縦向きのスライドの準備ができたら2つのスライドを繋いでいきましょう。
まずは、縦スライドを挿入させたいところにハイパーリンクを設定します。今回は「段落の間隔」をクリックしたら縦スライドに飛ぶように設定しましょう。

リンクを設定したい場所を選択して「右クリック」→「ハイパーリンク」をクリックします。

ハイパーリンク設定

「Webページまたはファイル」タブから表示させたい縦スライドのパワポファイルを選択して「OK」をクリック。

ハイパーリンクのファイル設定

ハイパーリンクの設定が完了すると、文字に下線が引かれ、色が変わりました。これで縦スライドへリンクすることができます。

ハイパーリンク設定後

ハイパーリンクが設定されたテキストをクリックするとこのように縦向きのスライドのファイルが表示されます。

縦向きスライド表示イメージ

ハイパーリンクがきちんと設定されているかどうかは、通常の編集画面からは確認できません下記のような編集画面でリンクの設定箇所をクリックしても、リンクのページには移動しません。

パワーポイント編集画面

スライドショー」タブからスライドを再生することで、ハイパーリンクがきちんと設定できているのかを確認できます。

スライドショーの方法を説明している画面

ハイパーリンクの設定は必ずスライドショーモードで確認するようにしましょう◎

ハイパーリンクの色を変えたい時

ハイパーリンクの色を変えるときは、「デザイン」タブの画面右側から「色」を選択します。

パワーポイントの「デザイン」タブ

次に「色のカスタマイズ」をクリックします。

パワーポイント色のカスタマイズ画面

「色をカスタマイズ」をクリックすると、「新しい配色パターンを作成」というタブが出てくるので、ハイパーリンクの色を変更して右下の「保存」ボタンをクリック。今回はハイパーリンクの色を青に変更してみたいと思います。

パワーポイントの「新しい配色パターンを作成」する画面

このハイパーリンクの色を変更すると、下の画像のように色が変わりました!これでハイパーリンクのカラー変更ができます。

パワーポイントのハイパーリンクの色変更ビフォーアフター

方法② 1つのファイルで完結させる方法

「ファイルを2つ準備するのは管理が大変」
「ハイパーリンクを使う方法もいいけど、本番でリンクぎれで表示できないのは怖い」

そんな方のために1つのファイルで縦横のスライドを管理できる方法をご紹介します。この方法は王道ではなく裏技的な方法です。

縦向きスライドと横向きスライドを合体

まずはスライドを1つのファイルで管理するために、縦向きスライドを横向きスライドのファイルに移動させます。挿入したい縦向きスライドをクリックしたまま、挿入したい位置までマウスを移動させて離します。そうすることで、縦向きスライドと横向きスライドを合体させることができます。

縦向きスライドを横向きスライドに挿入

背景色の変更

スライドの挿入ができたら次にレイアウトが崩れてないかを確認します。確認ができたら「デザイン」タブの「背景の書式設定」から背景を【黒】に変更していきましょう。

背景を【黒】にするのはスライドショーの際、余白部分は【黒】で表示されるからです。

背景色の変更

縦スライドの枠を作る

このままだと縦スライドの枠がなくなってしまうので「挿入」タブの「図形」から四角形を作り、画像の下に挿入します。

縦スライドの枠を作る

図形の下に挿入するとこんな感じで、あたかも縦スライドが挿入されているかのように見えます。

縦スライド挿入イメージ図
スポンサーリンク

まとめ

今回はパワーポイントで縦と横のスライドを混在させる方法を2つご紹介しました。

方法① ハイパーリンクを使う方法
方法② 1つのファイルで完結させる方法

さらにハイパーリンクの色も自在に変えることができるので、ぜひ活用してみてください。それでは、また別の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
PowerPoint
ZONE TIMES
タイトルとURLをコピーしました