TREASURE(トレジャー)日本人メンバーは何人?デビュー日・ファンネームも

K-POP

今話題の韓国発のグループ「TREASURE(トレジャー)」。

2023年はアジアツアーを開催し勢いのあるボーイズグループなんです!

そんな「TREASURE(トレジャー)」とはどんなグループなのか?

✅メンバーの国籍・日本人はいる?
✅所属事務所
✅グループ名の意味や由来
✅ファンネーム・ファン名
✅デビュー日はいつ?デビュー曲

についてまとめました。ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

TREASURE(トレジャー)メンバーの国籍は?日本人はいる?

TREASURE(トレジャー)は、韓国の10人組ボーイズグループです。

韓国人メンバー7人と日本人メンバー3人(ヨシ、アサヒ、ハルト)で構成されています。

このグループはYGエンターテインメント主催のオーディション番組「YG宝石箱」から最終選抜された7人「TREASURE」と同事務所の6人組新人ボーイズグループ「MAGNUM」の2組が合体して「TREASURE13」として13人で活動を開始しました。

しかし、2020年メンバーの脱退に伴い「TREASURE13」からグループ名が「TREASURE」に変更されました。

スポンサーリンク

TREASURE(トレジャー)の所属事務所はどこ?

「TREASURE(トレジャー)」の所属事務所は、BIGBANG、WINNER、iKON、BLACKPINKらが所属するYG ENTERTAINMENTです。

iKON以来3年ぶりとなる新人ボーイズグループで、BIGBANGや2NE1、BLACKPINKなどのヒップホップアイドルを輩出したYGエンターテイメントらしいイメージを残しつつも、ポップで親しみやすい少年っぽさが魅力のグループです。

2023年にはTREASURE(トレジャー)のアジアツアーも開催されます。

TREASURE(トレジャー)グループ名の意味・由来は?

「TREASURE(トレジャー)」というグループ名は、デビューを懸けたサバイバルデビュー番組「YG TREASURE BOX(YG宝石箱)」の名に由来しています。

元々この番組名は「YGエンターテインメントが所属歌手を“宝石”のように隠している」というファンの不満を逆手にとって付けられたもので、そのままグループ名としても採用されることになりました。

2019年に「TREASURE13」というグループ名で結成されましたが、1名の脱退により2020年1月6日から「TREASURE」というグループ名で活動しています。

TREASURE(トレジャー)ファンネーム、ファンの愛称は?

「TREASURE(トレジャー)」の公式ファンクラブ名およびファンダム(ファンの愛称)は「TREASURE MAKER」です。

韓国語読みだと「트레져(トゥレジャー)」「메이커(メイコ)」頭文字を取って트메(トゥメ)という愛称で親しまれています。

メンバーもよく「トゥメ」と呼んでいるので聞いたことある方も多いのではないでしょうか。

サバイバルオーディション番組「YG宝石箱」では視聴者のことをTREASURE MAKERと呼んでおり、そのままファンクラブおよびファンダム名となりました。

TREASURE(トレジャー)デビュー日やデビュー曲は?

2020年8月7日に『BOY』で韓国デビューを果たしました。

「BOY」は強烈なメロディーが印象的で、緊張感を高めるシンセサイザー、ベース、ドラムが際立つ曲です。ミュージックビデオの再生回数は1億回を突破しています。

2021年3月には日本公式デビューも果たし、デビューアルバム『THE FIRST STEP:TREASURE EFFECT』はオリコンアルバムランキングで堂々の1位に輝いています。

TREASURE(トレジャー)まとめ

  • TREASURE(トレジャー)は韓国人メンバー7人と日本人メンバー3人で構成されたグループ
  • 所属事務所:YG ENTERTAINMENT
  • ファンネーム:TREASURE MAKER
  • デビュー作:BOY
スポンサーリンク
K-POP
スポンサーリンク
ZONE TIMES
タイトルとURLをコピーしました