パワーポイントで文字の間隔を調整する方法

PowerPoint

パワーポイントで文字をもっと見やすく出来ないかな

大丈夫、できるよ!見やすい資料を作るためには「文字の間隔」がとても重要なんだ。一緒に見ていこう。

パワーポイントは図やグラフ、写真を用いてビジュアル的にわかりやすく相手に伝えることができるツールです。

図やグラフ、写真ばかりに目が行きがちですが、文字の見やすさも資料を作るうえで大切な要素となります。今回は見やすい資料を作るために、文字の間隔が相手に与える影響とパワーポイントで文字の間隔を調整する方法を紹介していきます。

  • 文字間隔が与える印象がわかる
  • パワーポイントで文字の間隔を調整する方法がわかる
スポンサーリンク

パワーポイントの文字間隔

パワーポイント「文字間隔」というのは文字と文字の横の余白のことです。この文字間隔を調整することを「カーニング」と言ったりもします。

文字間隔の説明画像

似たような言葉に「行間」という言葉がありますが、こちらは文章の行と行の間の縦の余白のことです。行間の調整方法についてはこちらを参照ください。

▶︎パワーポイントで行間を調整する方法|おすすめの設定も

行間の説明画像

この「文字間隔」はフォントによっても異なります。特にパワーポイントでよく使われる「メイリオ」は文字間隔が狭いことでも有名です。

「文字間隔」は資料の見やすさにつながるだけでなく、文字間隔が広い時と狭い時で相手に与える印象も違ってきます。次の章ではその違いを見ていきましょう。

スポンサーリンク

文字間隔が与える印象

さっそくですが、この2つの単語を見てどんな印象を受けますか?上が文字の間隔が広めで、下が文字の間隔が狭めです。

文字間隔の例 単語

単語だと少しわかりにくいと思うので、少し長めの文章で見てみましょう。

文字間隔の例 文章

こちらの方が差がわかりやすいのではないでしょうか。

文字間隔が広めの方がゆったりと落ち着いた印象を与え、文字間隔が狭めの方がかしこまった緊張感のある印象を与えます。

  • 文字間隔が広め
    ゆったりと落ち着いた印象
  • 文字間隔が狭め
    かしこまった緊張感のある印象

この文字の間隔は使うフォントの種類によっても変わってきます。では、この文字の間隔の調整をパワーポイントでするにはどうすればいいか?さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク

パワーポイントで文字の間隔を調整する方法

文字を選択した状態で「ホーム」タブの「フォント」の中にある「AV」をクリック。

パワーポイントで文字の間隔を調整する方法

クリックすると【より狭く】〜【より広く】までの5段階で調整できます。

文字の間隔の5段階調整方法

もっと細かく文字の間隔を設定したいという場合は「その他の間隔」から調整できます。【標準】だと文字の間隔が狭すぎるけど、【広め】だと広すぎるというときは「その他の間隔」を使っていきましょう。

文字の間隔の細かい調整方法

下の「カーニングを行う」という項目は自動で文字間隔の調整を行ってくれる機能のことです。デフォルトでチェックが入っているのでそのままにしておきましょう。

文字間隔調整画面
スポンサーリンク

Tips|記号は文字の間隔を詰めてみよう

記号は文字の間が広がって見えてしまうので、余裕があれば文字の間隔を調整しておきましょう。

例えばカギ括弧の場合は前後の余白が多くなってしまうので、調整しておくとより文字が見やすくなるでしょう。

鉤括弧の文字間隔

こういったナカグロを使う場合も、前後の余白が多くなりがちです。時間があれば、この余白も調整できると更に良くなります◎

ナカグロの例

また、記号が主張しすぎている場合は記号のところだけ細いフォントを使う方法も。

例えば、括弧だけ細いフォントを利用して、記号の文字間を調整するとこんな感じに。上はRegularの太さのフォントで、下は括弧の部分だけLightの太さを使っています。

括弧の文字間隔
スポンサーリンク

まとめ

文字間隔は資料の見やすさにつながるだけでなく、相手に与える印象も変えてしまいます。細かいところですが、文字間隔にまで目を向けることができればより伝わる資料になりますよ。

  • 文字間隔が広め:ゆったりと落ち着いた印象
  • 文字間隔が狭め:かしこまった緊張感のある印象

記号は文字の間が広がって見えてしまうので、余裕があれば文字の間隔を調整しておきましょう。では、また別の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
PowerPoint
ZONE TIMES
タイトルとURLをコピーしました