パワーポイントで行間を調整する方法|おすすめの設定も

PowerPoint

パワーポイントの文章をもっと分かりやすく伝えたいな

いくらビジュアルで伝えるのがメインのパワーポイントと言えど「文字」情報は必要不可欠だよね!今回は資料の見やすさに大きな影響を与える行間について紹介するよ。

相手に内容をしっかり伝えようと思うと「文字」は欠かすことが出来ません。そんな使用頻度の高い文字は資料の見やすさに大きな影響を与えます。

そこで、今回は文字をわかりやすく見せるために必要な行間の調整方法を紹介していきます。

  • パワーポイントで行間を調整する方法がわかる
  • 行間のおすすめの設定方法がわかる
  • 行間を一括で変更する方法がわかる
スポンサーリンク

パワーポイントの行間

読みやすい文字にしていく上でとても大切なのが「行間」です。「行間」とは文章の行と行の間の縦の余白のことです。

行間の説明画像

似たような用語に「文字間隔」というものがありますが、「文字間隔」というのは文字と文字の横の余白のことです。文字間隔の調整方法についてはこちらを参考にしてください。

▶︎パワーポイントで文字の間隔を調整する方法

文字間隔の説明画像

パワーポイントの「行間」については、初期設定のままだと狭くて読みづらいし、行間を1.5行にすると広すぎて逆に読みにくくなります。

行間の初期設定と1.5行設定の比較

では、「どのぐらいの行間がいいのでしょうか?」
ここからはパワーポイントで行間を調整する方法とともにおすすめの設定を見ていきましょう。

スポンサーリンク

パワーポイントで行間を調整する方法

まずは、「ホーム」タブから「行間」をクリックします。

行間変更のメニュー

クリックすると【1.0】~【3.0】までの5段階から行間を選択することができます。(標準は1.0です)

行間の5段階選択画面

これよりもさらに細かく設定したい人は1番下の「行間のオプション」から詳細を設定していきましょう。

行間のオプション設定画面

次に「行間のオプション」から行間を設定していきます。

ここで行間を設定する方法は大きく2つあります。

  1. 固定値で行間を調整する方法
  2. 倍数で行間を調整する方法

固定値で行間を調整する方法

固定値ではフォントサイズに関わらず、行間を一定の値に指定することができます。
「行間のオプション」の画面から「インデントと行間隔」のタブから行間:「固定値」を選択。設定値はお好みの値を指定しましょう。

固定値で行間を調整する画面

行間を固定値で設定する際の注意点としては、フォントサイズが変わっても行間の固定値は変わらないということです。

フォントサイズが変わった時の行間サンプル

このようにフォントサイズが大きくなっても行間は固定の値になります。

そのためフォントサイズを大きくするごとに行間が狭くなり、文字が重なり合ってしまう場合があります。

そうした状況を避けるために、フォントサイズを変更するごとに固定値の調整をしなければなりません。

倍数で行間を調整する方法

倍数ではフォントサイズに対してどのくらいの倍率にするかで行間を指定することができます。
「行間のオプション」の画面から行間「倍数」を選択。設定値はお好みの値を指定しましょう。

倍率で行間を調整する画面

上記の設定だとフォントサイズを変えても、指定したフォントサイズの1.2倍の行間が保たれることになります。

スポンサーリンク

パワーポイントの行間おすすめ設定

一般的には明朝体よりもゴシック体の方が行間を広めにとったほうがいい、1行の文字数が少ない時は行間は狭めがいいなどあります。とはいえ適切な行間を見つけられないという方のために、今回は個人的によく使うおすすめの設定をお伝えします。

個人的によく使う行間設定は「倍数」の設定値1.2です。
行間1行では少し狭いし、行間1.5行では広すぎるので、この値を使用することが多いです。

パワーポイントの行間おすすめ設定

「行間のオプション」の画面から行間「倍数」を選択。設定値は1.2で設定できます。

パワーポイントの行間おすすめ設定の画面
スポンサーリンク

行間をまとめて変更するには?

個別に行間を調整してもいいのですが、どうせなら効率良く終わらせたいですよね。

そこで活用するのが「スライドマスター」です。

「スライドマスター」とはスライド全体で使う共通の要素を一括で管理できる機能のことです。

もっと詳しく知りたい方はこちらも参照してみてください。
▶︎【パワーポイント】スライドマスターとは?使い方も解説

では具体的に「スライドマスター」でどう調整するのか見てみましょう。

まず「表示」タブから「スライドマスター」を開きます。

スライドマスター編集

スライドマスターの編集画面から編集したいマスターを選択→変更したいレベルのテキストを編集すれば一括で行間の設定を変更することができます。

スライドマスター編集方法
スポンサーリンク

まとめ

相手に内容をしっかり伝えるには「文字情報」は欠かすことが出来ません。そして、「行間」は資料の見やすさに大きな影響をあたえます。行間の調整方法をマスターしてより見やすく伝わるスライドにしていきましょう。

【行間の調整方法 2つ】
①固定値で行間を調整する
②倍数で行間を調整する

個人的によく使うおすすめの行間設定は、行間の倍率1.2倍

行間をまとめて変更するには「スライドマスター」を使うのがおすすめ。

「文字間隔」の調整方法については別の記事でまとめていますので、そちらも参考にしてみてください。では、また別の記事でお会いしましょう。

スポンサーリンク
PowerPoint
ZONE TIMES
タイトルとURLをコピーしました